投稿日:

ブラックリストに記されてしまった場合

交渉をとおして合意成立した後に、やむをえずお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などで借金を申し込んだとしても、審査のタイミングではじかれてしまいます。

いったん信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、記載が消されるまでには5〜10年は必要になるため、その時間を待てば借金ができます。増えすぎた借金を債務整理で何とかしようとする前に、複数の借金をおまとめローンで一本化できないか確認してみてちょーだい。債務総額こそ減らないのですが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息負担を軽くすることができるでしょう。それに、返済管理が容易になって、返済日をウッカリ忘れてしまうようなミスもなくなると思います。

まずは債務を一本化して、それでも返済が難しくなった時に実際に債務整理に着手するのも遅すぎることはありません。

債務整理によって家族が不利益を被るのではと心配する人は多いです。

でも、債務整理で本人以外の身内が不利益を被る可能性は低いです。家族の財産も処分されたり、今後、金融機関などでお金を用意してもらうことができなくなるなどという心配はありません。
ただ、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。この場合は、家族が本人の債務を負うことになるため、注意してちょーだい。借金で手続きに困っ立とき頼るところは、弁護士や司法書士に引き受けて貰える法律事務所になるでしょう。

弁護士と司法書士はどちらも債務整理の案件を請け負うことができますが、司法書士に任意整理や過払い金請求を委任したい場合、合計が140万円以内でなければ請け負うことができないという縛りがあります。

合計140万円にはいかないということが確かな場合はどちらでもまあまあですが、超えるかも知れない時は弁護士を選んでおいた方が確実です。 借金 返せない